名称について

漬魚(つけざかな、つけうお)とは、生魚の切り身を味噌や酒粕に漬けた食品で、漬け込む味噌や酒粕の種類・漬け込む期間などで様々な漬け上がりになります。

シルバーとは銀ひらすの事で、スズキ系のイボダイ科に属する魚です。
クセのない上質な白身で、熱を通しても固くなりにくいのが特徴です。反面、味にあまり特徴がありませんので、西京漬けや照り焼きなどにする事が多いです。

シルバーとも呼ばれる、スズキ系のイボダイ科に属する魚です。
クセのない上質な白身で、熱を通しても固くなりにくいのが特徴です。反面、味にあまり特徴がありませんので、西京漬けや照り焼きなどにする事が多いです。

鰆(さわら)とは、スズキ目サバ科に属する魚です。
体長が細長く左右に平たい見た目から、狭い腹(狭腹)とも書きます。

成長にともなって名前が替わる出世魚で、また地方によっても呼び名が異なります。
50cm程度までの若魚を、サゴシ(狭腰・青箭魚)またはサゴチ
もう少し大きくなると、ヤナギ・ナギ
70cm程度からが、サワラ(鰆・狭腹)と呼ばれています。

白身魚として扱われる事もありますが、成分から見ると赤身魚になります。

サゴシとは、スズキ目サバ科に属するサワラの子どもの魚です。

春になるとサゴシの群れが産卵のために接岸してくることから、「春を告げる魚」として、鰆(サワラ)と書くようになりました。

甘鯛(赤甘鯛、赤尼鯛)とは、スズキ目キツネアマダイ科に属する魚です。
鯛と名が付きますが、タイ科の魚ではありません。

甘鯛・・・肉に甘みがある事が由来
尼鯛・・・頭部が額と顎が角張った方形をしており、その横顔が頬被をした尼僧に似ている事が由来

グジ(ぐじ、若狭くじ)とは、薄塩を振り鮮度を保った甘鯛で、古くから若狭で水揚げされ京都に運ばれました。京都では定番の高級食材です。

若狭湾のぐじは、暖流と寒流が交わる漁場で良質な餌を食べ育つ事から、身が大きく脂が乗っていて若狭くじというブランドで呼ばれます。
冬の女王とも呼ばれ、寒くじは特に絶品です。

黒ムツ(黒鯥、クロムツ)とは、スズキ目ムツ科に属する深海魚です。
ムツという名前は、脂っこい(むつっこい・むつごい)事が由来で、その名の通り脂がのっており、大きいほど価値が高くなります。

似た名前でアカムツという魚も有名ですが、別種です。
クロムツがムツ科に属するのに対し、アカムツはホタルジャコ科に属します。
ただ、アカムツもおいしいお魚で、高級魚して扱われます。口の奥の喉が黒い事から「のどぐろ(喉黒)」とも呼ばれています。

また、一昔前までは銀ムツと呼ばれる魚も市場にて回っていましたが、こちらはムツにあやかっただけで、現在ではメロと呼ばれています。

標準和名は「マジェラン アイナメ」といい、現在はメロと呼ばれる魚です。
※ムツやアカムツなどとは分類が異なる魚で、銀むつという呼び名は、JAS法で禁止されました。

スズキ目ノトセニア科の大型深海魚で、大きい成魚だと2メートル以上の大きさにもなる脂肪が多い白身魚です。

脂が乗って美味しく人気も馴染みもある魚ですが、近年では日本以外でも需要が伸びたことから、乱獲・密漁などにより資源が減少し、高級魚になっています。

メロとは、以前は銀ムツと呼ばれていた魚で、標準和名は「マジェラン アイナメ」といいます。
※但し、ムツでもアイナメでもありません。
スズキ目ノトセニア科の大型深海魚で、大きい成魚だと2メートル以上の大きさにもなる脂肪が多い白身魚です。

脂が乗って美味しく人気も馴染みもある魚ですが、近年では日本以外でも需要が伸びたことから、乱獲・密漁などにより資源が減少し、高級魚になっています。

銀だら(銀鱈)とは、カサゴ目ギンダラ科に属する魚です。

全身が黒褐色をしていて、タラに見た目が似ている事から銀だらと呼ばれていますが、タラではなくアイナメやホッケに近い魚です。

味の特徴もタラとは真逆で、濃厚で強い脂が特徴で、全身大トロ魚とも呼ばれるアブラボウズとも近縁です。

近年では脂志向の強まりとともに需要が高まっており、高級魚になっています。

メヌケとは、スズキ目メバル科に属する赤魚の総称です。
美味しい深海魚で、中でもアコウダイは赤魚の中でも超高級魚として知られています。

深海から釣り上げられた際に、水圧の急激な変化により目が飛び出す(目が抜け出ている)ことからメヌケと付けられました。

赤魚(あかうお)とは、体表が赤色である深海魚の総称で、スズキ目メバル科に属する魚です。

ふっくらとした白身が特徴でクセがなく、西京漬け・味噌漬け・粕漬け、煮付けなどにする事が多いです。

輸入物の赤魚は値段も手頃なので、家計にも優しいお魚です。
但し、日本近海に生息するアコウダイ(赤魚鯛)は、赤魚の中でも超高級魚として知られています。

深海から釣り上げられた際に、水圧の急激な変化により目が飛び出す(目が抜け出ている)ことから目抜け(メヌケ)とも呼ばれます。

マナガツオ(真魚鰹・真名鰹・真似鰹)とは、スズキ系のマナガツオ科に属する魚です。
東日本ではあまり馴染みがないですが、西日本では古くから多く漁獲されている馴染み深い魚です。

見た目は、銀灰色をしていて平べったい扁平な菱形をしており、地域によってはギンダイ、まながた、チョウチョウなどと呼ばれています。

真魚鰹、真名鰹・・・真に美味しい魚という意味
真似鰹・・・カツオが取れない瀬戸内海で「カツオに見立てた(真似た)」事が由来と言われています。

メカジキ(目梶木・女梶木)は、スズキ目メカジキ科、
マカジキ(真梶木)は、スズキ目マカジキ科に分類されるカジキの一種です。

中でもメカジキは、カジキ類の中でも最大級の種類です。
カジキマグロと呼ばれる事もありますが、サバ科のマグロとメカジキ科のカジキは別の魚です。

クセのない魚で、加熱しても身が柔らかく、冷めてもしっとりしているのでお弁当などにも向いています。

HOME > よくある質問:名称について