黒ムツ(黒鯥、クロムツ)とは、スズキ目ムツ科に属する深海魚です。
ムツという名前は、脂っこい(むつっこい・むつごい)事が由来で、その名の通り脂がのっており、大きいほど価値が高くなります。

似た名前でアカムツという魚も有名ですが、別種です。
クロムツがムツ科に属するのに対し、アカムツはホタルジャコ科に属します。
ただ、アカムツもおいしいお魚で、高級魚して扱われます。口の奥の喉が黒い事から「のどぐろ(喉黒)」とも呼ばれています。

また、一昔前までは銀ムツと呼ばれる魚も市場にて回っていましたが、こちらはムツにあやかっただけで、現在ではメロと呼ばれています。