マナガツオ(真魚鰹・真名鰹・真似鰹)とは、スズキ系のマナガツオ科に属する魚です。
東日本ではあまり馴染みがないですが、西日本では古くから多く漁獲されている馴染み深い魚です。

見た目は、銀灰色をしていて平べったい扁平な菱形をしており、地域によってはギンダイ、まながた、チョウチョウなどと呼ばれています。

真魚鰹、真名鰹・・・真に美味しい魚という意味
真似鰹・・・カツオが取れない瀬戸内海で「カツオに見立てた(真似た)」事が由来と言われています。